般若心経の現代語訳



佛説摩訶般若波羅蜜多心経
(ぶっせつまかはんにゃはらみったしんぎょう)
偉大なる般若波羅蜜多(仏さまの智慧)の精髄を教えたお経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時
(かんじざいぼさつ ぎょうじんはんにゃはらみったじ)
観自在菩薩(観音さま)は、かつて深い般若波羅蜜多(仏さまの智慧)を実践されましたが、その時に、

照見五蘊皆空 度一切苦厄
(しょうけんごうんかいくう どいっさいくやく)
肉体も精神もすべてが空(くう)(実体のないこと)であることがわかって、それによって一切の苦しみと災難を克服されました。


舎利子 色不異空 空不異色
(しゃりし しきふいくう くうふいしき)
舎利子よ。物質は空(くう)にほかならず、空がそのまま物質にほかならないのです。

色即是空 空即是色
(しきそくぜくう くうそくぜしき)
物質がすなわち空であり、空がすなわち物質なのです。

受想行識 亦復如是
(じゅそうぎょうしき やくぶにょぜ)
感じたり、知ったり、意欲したり、判断したりする精神のはたらきも、これもまた空なのです。


舎利子 是諸法空相
(しゃりし ぜしょほうくうそう)
舎利子よ。このように物質と精神が空(くう)なるありかたをしていますから、

不生不滅 不垢不浄 不増不減
(ふしょうふめつ ふくふじょう ふぞうふげん)
生じたり滅したりすることなく、汚いとか綺麗だといったこともなく、増えもせず減りもしないのです。


是故空中無色 無受想行識
(ぜこくうちゅうむしき むじゅそうぎょうしき)
したがって空(くう)の中には肉体もなく、感じたり、知ったり、意欲したり、判断したりする精神のはたらきもなく、

無眼耳鼻舌身意
(むげんにびぜっしんい)
眼・耳・鼻・身・意といった感覚器官もないし、

無色声香味触法
(むしきしょうこうみそくほう)
感覚器官の対象となる色・声・香・味・触・法だってありません。

無眼界 乃至無意識界
(むげんかい ないしむいしきかい)
感覚器官やその対象、そしてそれらの接触から生じる認識の世界のすべてがないのです。


無無明 亦無無明尽
(むむみょう やくむむみょうじん)
智慧がなくなること(無明)もなければ、智慧のない状態がなくなってしまうこともありません。

乃至無老死 亦無老死尽
(ないしむろうし やくむろうしじん)
老死もないし、老死が尽きるといったこともありません。

無苦集滅道 無智亦無得
(むくしゅうめつどう むちやくむとく)
四つの真理として説かれてきた苦・集・滅・道というものもありません。智慧もなければ、悟りを得ることもありません。

以無所得故
(いむしょとくこ)
それは、得るということがもともとないからです。


菩提薩埵 依般若波羅蜜多故
(ぼだいさった えはんにゃはらみったこ)
菩薩(大乗仏教の求道者)は般若波羅蜜多(仏さまの智慧)を実践していますから、

心無罣礙 無罣礙故 無有恐怖
(しんむけいげ むけいげこ むうくふ)
その心は何物にも執着しませんし、こだわりがありません。こだわりがないので、何かに怯えたりすることもなく、

遠離一切顚倒夢想 究竟涅槃
(おんりいっさいてんどうむそう くきょうねはん)
物事を逆さまにとらえたり、妄想に悩まされたりすることもなく、心は徹底して平安です。


三世諸佛 依般若波羅蜜多故
(さんぜしょぶつ えはんにゃはらみったこ)
過去・現在・未来の三世における諸々の仏たちもこの般若波羅蜜多(仏さまの智慧)を実践され、

得阿耨多羅三藐三菩提
(とくあのくたらさんみゃくさんぼだい)
この上ない、正しい完全な悟りをひらかれました。


故知般若波羅蜜多
(こちはんにゃはらみった)
したがって、このように言うことができるでしょう。般若波羅蜜多(仏さまの智慧)は、

是大神呪 是大明呪
(ぜだいじんしゅ ぜだいみょうしゅ)
すばらしい霊力のある真言(真実のことば)であり、すぐれた真言であり、

是無上呪 是無等等呪
(ぜむじょうしゅ ぜむとうどうしゅ)
この上ない真言であり、比べることのできない真言であり、

能除一切苦 真実不虚
(のうじょいっさいく しんじつふこ)
あらゆる苦しみを取り除き、真実にして偽りのないものである、と。


故説般若波羅蜜多呪 即説呪日
(こせつはんにゃはらみったしゅ そくせつしゅわつ)
そこで般若波羅蜜多(仏さまの智慧)の真言(真実のことば)を説きます。すなわちこれが真言です。

羯諦 羯諦 波羅羯諦
(ぎゃてい ぎゃてい はらぎゃてい)
行こう、行こう、彼岸へ行こう。

波羅僧羯諦 菩提薩婆呵
(はらそうぎゃてい ぼうじそわか)
皆で彼岸へ行こう。悟りよ、幸いあれ。

般若心経
(はんにゃしんぎょう)
以上が智慧の要点です。


photo credit: Wanderin’ Weeta via photopin cc

関連記事

本格的な写経

筆ペンやボールペンで気軽に書き写すのもよいですが、墨と筆を使って本格的に写経をしてみませんか。毛

記事を読む

写経の進め方

さっそく写経を始めましょう。 当サイトでは、ボールペンや筆ペンで気軽に始める方法を紹介しま

記事を読む

写経の歴史

写経は古くから仏道修行の方法としてもおこなわれてきました。お手本となる「お経」は、お釈迦様(紀元前5

記事を読む

写経とは?写経の効果

「写経」とは、お手本となるお経を書き写すことです。日常生活のなかで、イライラしているとき

記事を読む

PAGE TOP ↑