本格的な写経


筆ペンやボールペンで気軽に書き写すのもよいですが、墨と筆を使って本格的に写経をしてみませんか。毛筆は少し面倒と思う人もいるかもしれませんが、ためしにすずりに少量の水を入れ、ゆっくりと墨をすってみましょう。とてもいい墨の香りがして、心を落ち着けてくれるはずです。ここでは本格的な写経に必要なものを紹介します。



筆は小筆を使います。穂先がするどくまとまっており、弾力に富んでいるものを使いましょう。毛はイタチ毛などがよいでしょう。
筆を使ったあとは、不要の半紙などで十分に墨をとり、穂先が固まらないようにしましょう。水で洗う場合は、墨のついている穂先だけを洗い流すように注意してください。



墨は上質なものであれば、粘りすぎず、伸びもあって、筆が運びやすくなります。墨液を使っても構いませんが、墨をすることで心を落ち着かせ、背筋も自然に伸びてきますので墨をすることをおすすめします。墨は使用後、すり口の水分を拭き取ってください。そのままにしておくとひび割れの原因になるので、乾いた状態でしまうようにしましょう。



すずりは、わずかな墨で足りますので、小さめのものが使いやすいでしょう。使い終わったら、水洗いしてください。墨が残っていると、次に使うときに古い墨と新しい墨が混ざり、墨色が悪くなります。



写経用紙は、墨のにじみにくい用紙で罫線が入ったものを使います。お手本と用紙がセットになったものもあります。



下敷きは写経用紙の下に敷くので、写経用紙より大きめのサイズを選びましょう。



文鎮は、書くときに邪魔にならない小ぶりのものを2つ用意しましょう。


関連記事

写経とは?写経の効果

「写経」とは、お手本となるお経を書き写すことです。日常生活のなかで、イライラしているとき

記事を読む

写経の歴史

写経は古くから仏道修行の方法としてもおこなわれてきました。お手本となる「お経」は、お釈迦様(紀元前5

記事を読む

般若心経の現代語訳

佛説摩訶般若波羅蜜多心経 (ぶっせつまかはんにゃはらみったしんぎょう) 偉大なる般若波羅

記事を読む

写経の進め方

さっそく写経を始めましょう。 当サイトでは、ボールペンや筆ペンで気軽に始める方法を紹介しま

記事を読む

PAGE TOP ↑